Make the Future with Technology
電話番号:022-348-0677,企業の皆様はこちらからお問合せください

事業グループのご紹介

エンジニア派遣による専門領域サポート

現在、日本の製造業を取り巻く環境は日々変化を続けています。事業の撤退や海外進出、M&A、合弁会社設立、大型新工場建設など、厳しい競争に勝ち抜く為、様々な戦略を実行しています。

また、こうした環境の下、開発・量産化技術・製造・品質管理と「ものづくり」一連の流れの中で、各現場で高まるQ・C・D要求は留まる事がありません。

日総工産では、電気電子・機械・ソフトウェア・化学・バイオ等、各領域において、「装置技術」「機械設計」を中心に、エンジニア派遣・技術サービスを展開しております。

また、即戦力のエンジニア採用のみならず、社内での教育・育成にも力を入れております。

エンジニアリング
サービス
ニーズにマッチングしたエンジニアを派遣
研究開発業務、生産技術業務、ソフトウェア開発業務、
プロセス技術業務 など
装置技術
サービス
製造装置に関するあらゆるサービスを展開
装置保全業務請負、装置改造/リファブ、フィールドサービス、保全ツール販売 など
機械設計
サービス
機械設計受託サービス、設計エンジニア派遣
機械設計受託(日総)、機械設計請負(客先)、
エンジニア派遣 など
技術研修4ヵ月間の専門研修を実施
特化分野である「装置技術」「機械設計」エンジニアの育成
お客様の業務に合わせた
「カスタマイズ研修(数日~1ヵ月程度)」を実施
特定分野(例:シーケンス制御)を
重点的に教育するカリキュラム など

人を育て人を活かす 独自の育成環境

日総工産では、「人を育て、人を活かす」という創業理念の下、「人財」を中心としたビジネスモデルづくりを実践し、「ものづくり」の現場で高い組織能力を活かした付加価値サービスを提供しています。

中でもエンジニアの派遣事業・技術サービスを専門に行っているエンジニアリング事業グループでは、専門研修による育成制度を有しています。

こうした育成制度を活用し、製造スタッフからエンジニアとしてステップアップする道も準備しています。

企業様に信頼されるエンジニアを、当社独自の教育機関で育成しております。

エンジニアリング事業グループ沿革

1971年日総工営(株)を創業(日総工産の前身)
1980年日総工産(株)設立
2003年(株)テクネッツ設立(CADオペレーターやシステムエンジニアなどの派遣を重点業務として設立。)
2004年(株)メイシス設立(半導体製造装置の保守・修繕を中心に、装置の販売まで手掛ける会社として設立。)
2006年(株)メイシス吸収合併。エンジニア事業拡大。
東北テクニカルセンター開設。
装置技術エンジニア研修開始。
2008年(株)テクネッツ吸収合併。エンジニア事業拡大。
2010年機械設計エンジニア研修開始。
2013年一般社団法人「日本電子デバイス産業協会(NEDIA)」入会